カテゴリ: 特殊更新(真面目な文章etc)

今日は出先なので、文章だけで終わる更新を。
アクセス解析を見ると、結婚式関連のワードで検索して来られる方が多いようなので、そちらも更新しないといけません。
我々が結婚式を挙げたのは、10月18日の話でした。
早いうちに書かないと、どんどん時間が経って忘れてしまいます。
記憶がまだ鮮明なうちに、書けることは全部書きましょう。

まずは会場についてのレポート。

披露宴会場は、四谷のオテル・ドゥ・ミクニです。
今までに3回行き、3回とも新鮮な驚き(=exciting)を見せてくれたので、料理のほうに心配は全くありませんでした。
単純においしいだけじゃなくて、料理はアート。それを見せてくれます。

余談ですが、我々がこの店に最初に行ったのは、抽選でランチのお食事券が当たった、という理由からでした。
そういう偶然の出会いから披露宴会場が決まるってすごいことです。

この店を会場に選ぶにあたり、心配だったのは狭いことです。
(1)支度する場所が狭い。
(2)会場が狭い。
この2点。

両方ともけっこう重要なところですが、特に(1)を嫌がる人は多いと思います。
あるのは、待合室と、着替えの部屋と、メイク用の小部屋だけ。
我々の時は、新婦がメイク部屋を、新婦母が着替えの部屋を使っていたので、
新郎と新郎父は同じ部屋で待たされます。この時間に困ってしまう人は多いと思います。
しかも、新郎は待合室で着替えさせられるというカオス。
結婚式は100%新婦のためのものだから良いですが、
その気配りの無さこそがまさに日本のウェディングビジネスだと思ったり。

あと、新郎はめちゃくちゃ待たされます。
暇だから一時間くらい散歩に出ましょう。
もしくは一時間くらい遅刻していきましょう。

この(1)は最後まで尾を引きます。
式が終わった後、新郎新婦両親はこの支度部屋で着替えることが出来るのですが、
ここでもめちゃくちゃ待たされます。参加者を見送ってから30分くらい謎の待ち時間が出来ました。
単純にだべる時間だと思えば良いですが、よく分からないままに待たされるのも個人的には微妙でした。
そのあたりはスタッフの力量も関係しているのかもしれません。

(2)のほうは、長所でもあり短所でもあります。
この会場は60名までOKとなっていますが、確実に60人だと狭いです。
我々は参加者を絞りに絞って50人に収めましたが、これでちょうど良いくらいでした。
ただし、狭いだけあって一体感はありました。
近いテーブルの人とは普通に話せるし、
料理に対する反応や、司会者の話に対する反応など、参加者一人一人の息遣いのようなものが高砂に居ながらに感じられて、一緒にパーティーを楽しんでいるという気分にさせてくれます。
高砂も高くないから、同じ目線だし。
昔ながらのいわゆる披露宴よりも、私はこちらの方が好きです。

ただし、あまり広さに余裕が無いので、場所をとる余興はできないと考えたほうが良いです。
店の前が路地なので、外で集合写真を撮るのも多分無理。
人や車がちょくちょく通りますが、新郎新婦の写真撮影時にはあまり気にならなかったな。みんな慣れてるような感じ。
音響など、その他の設備には問題は感じませんでした。

ここの会場を使うことの利点は、「一軒家レストランを丸ごと借りられる」ということ。
だから細かいところにこだわれたりします。
例えば、トイレに手作りのポストカードを置いてみたりとか。
玄関にメッセージを何らかの形で設置してみたりとか。
自分の家に親戚や友人を呼んでパーティーを開いたような披露宴。
アットホームを求めるのであればとても良い会場だと思います。


いつになるかは分かりませんが、
次回は当日の流れと感想を。

例えばホテルで結婚式を挙げる場合には、挙式・披露宴・二次会までがオールインワンになっていることが結構あります。この場合は移動もスムーズで、チャペルから出たら化粧やらヘアメイクやらを少し直して、そのまま二次会へ直行できるので楽。参加者の待ち時間も少ない。
私たちの場合は、式を行う教会から披露宴会場までは距離があったので、参加者全員でタクシーに分乗し、披露宴会場に行く形をとりました。


式を行う会場は、東京タワーから徒歩3分のオルバン教会
2014-10-11-14-15-10

木造の建物で、アントニン・レーモンドという方が作ったという教会です。自身が作った軽井沢の聖ポール教会をモデルにして作った教会だとか。
軽井沢の避暑地にでもいるような落ち着きと、外に出たときに聳え立つ東京タワーのコントラストが非日常を演出する、とても良い教会です。
教会前の道は狭く、交通量も決して少なくはないので、なんだかとても不安になりますが、式を行う上での問題点は特に感じませんでした。広がってのブーケプルズも出来ました。もしかしたら、それは教会担当者とプランナーの方の捌きが上手かったからなのかもしれませんが。あの辺りは非常に良い土地だからなのか、歩行者もタクシーの運転手も、みんな優しく見守っていてくれました。ありがたいことです。
そう。本来、我々がお願いしていたアディックの人はレストランウェディング専門の業者さんで、挙式には完全にノータッチなのですが、ブーケプルズを若干特殊な形にしたため、滞りなく出来るようにとわざわざ式場まで来てくれました。ストレスなく終えることが出来るように全力でサポートしてくれる、とても良い会社でした。
ウェディングの業者にはあまり良いイメージが無かったのですが、今回付いてくださった業者の方々は、皆、やりたいことを叶えるために親身になって動いてくれました。引きが良かっただけなのか、それとも本質的にそういうものなのかは分からないけれど、不満点はほぼありませんでした。
2次会の業者以外はね。

私たちが行った特殊な形のブーケプルズとは、次のようなものです。
本来ブーケプルズは多数の紐の中に一本だけ当たりがあり、誰か一人の手もとにだけブーケが行くものです。
しかし、それだと格差が出るし、大きいのをもらっても大概邪魔なので、ブーケがばらばらになって一人に一本ずつが行くようにしました。そのために、一本ずつにラッピングとリボンが巻かれています。
そういうのはよくあるパターンだと思っていましたが、意外にも担当のお花屋さんには初めての経験だったようです。紐が絡まったりと多少のハプニングはありましたが、最終的に無事終えることが出来ました。
ブーケプルズは人数が多いと紐が長くなって地面に落ちたり、紐を全員に渡すまでに時間がかかったりと若干リスクがあるので、場所に余裕があるならばブーケトスがいちばんすっきり終えられて良いかもしれません。

あとはタクシーに乗って披露宴へ行くだけですが、注意ポイントは3段階あります。
(1)もちろんタクシーは予約しておく。
終わってから予約なんて、とてもじゃないが無理です。どれくらい時間がかかるか分からない。
多く呼び過ぎると、予約料と走行費でとんでもない額が無駄になるので、正確に台数を計算することも必要です。

(2)タクシーの乗車割り振りを予め決めておき、印刷して式が始まる前に配布しておく。
乗車割り振りを決めるのは、前述の台数計算にも必要なことです。それを紙に印刷して配布することで、無用な混乱が防げます。披露宴の受付の人に最優先で行ってもらうため、乗る順番まで明示しておくとさらに良い感じ。

(3)タクシーチケットがあれば使う。
招待客にはタクシー代を立て替えてもらうのも申し訳ないので、タクシーチケットを渡しました。
法人用のイメージが強いですが、クレジットカードのオプション機能として利用できる会社も多いようですので調べてみてください。
これを使うと、乗車料金が登録口座から後で引き落とされます。便利。
前述の乗車割り振りに、チケットをもらう人っていうのを決めて書いておくと、さらにスムーズです。
配布役は親族や両親に頼むのが分かりやすくて良いです。


ここまでやれば安心です。
挙式のプログラムが終わった後は、教会内で記念撮影を行い、みんな行った後でゆっくりと出発。
神谷町から六本木を通って、赤坂を通り、そして四谷へ。
昼前の東京を車に乗って走るのは初めてで、これも非日常。なかなかレアな経験です。馬車に乗ってパーティー会場へ向かう大正貴族のような、何かとても優雅な気分になれるので、移動も悪くはありませんでした。


なんかレビューみたいなテンションの文章になってしまいましたが、
「なるべく次回以降の人たちにイメージしやすい、役に立つ情報を」という考えで、もうしばらく書いていきます。

結婚式の当日にやれることは殆どありません。
あとはもう流されるだけです。

我々のタイムスケジュールは、こんな感じでした。

8:30       披露宴会場(四谷)到着
8:30~10:45  メイク・ヘアメイク・着付け
10:45~11:15 教会(東京タワー付近)へ移動、到着
11:15~11:30 列席者へ挨拶
11:30~12:30 挙式、記念写真、ブーケプルズ
12:30~13:30 披露宴会場へ移動(タクシー16台に分乗)
13:00~13:30 ゲストは会場内待機、新郎新婦は再びメイク・ヘアメイク・着付けの直し
13:30~14:10 披露宴前半 前菜を食べる。おいしい。
14:10~14:15 ケーキカット・ファーストバイト・一時退場
14:15~14:30 お色直し 会場内ではプロフィールビデオ上映
14:30~15:45 披露宴後半 野菜料理・魚料理・肉料理を食べる。とてもおいしい。
15:45~16:00 両親へ花束贈呈・記念品贈呈
16:00~16:15 ゲストお見送り・プチギフト贈呈
16:15~17:30 親族の着替え後、新郎新婦は衣装替え、2次会の準備 デザートを食べる。癒される。
17:30~17:50 2次会会場(京橋駅)へ移動
17:50~18:00 荷物を運び、待機
18:00~19:45 2次会
19:45~20:00 ゲストお見送り
20:00~20:30 片づけ・各種お礼とお足代を渡す
20:30~21:30 東京ステーションホテルへ移動、着替えと衣装の片づけ
21:30~23:00 3次会へ少しだけ参加
23:00~23:45 ラーメン食べたい。開いてない。東京ステーションホテルのルームサービスは神。 

こんな感じです。
密度があまりにも濃いため、後ろからばんばん押し流されている感じ。
抗おうとする間もなく終わります。本当に一瞬。

見て分かる通り、工程数がかなり多いので、
ひとつひとつに腰を落ち着けることが出来ないんです。
唯一の癒しは1次会と2次会の間。
この間にデザートを出してもらえるという心遣いがとても良かったです。
新婦はドレス脱いでるからいちばん食べられる時間だし。

挙式・披露宴・2次会と、ひとつひとつ書いていくととても長くなりそうなので、今日は割愛しますが、
この一連の流れについて、重要なのは二つ。
・不明点を残さない。人の動き、イベントの流れ、大道具小道具の配置等、全てを把握しておく。
・それでも当日は想定とずれるので、その場合にフレキシブルに動けるよう、バッファは確保しておく。

あと、2次会は信頼できる幹事にほぼ全てを丸投げしたのが正解でした。
2次会まで作りこむのは不可能です。というより、何も覚えられない。
やはり、想定通りに2次会の代行業者は赤点レベルの仕事ぶりでしたが、それでも滞りなく進行したのは幹事さんたちのおかげ。自分たちでやってたら確実に死んでます。

そんなわけで、準備は前日までに完全に終わらせておきましょう。
スピーチの内容考えるのもな!
当日は、何かを考えながら動く余裕なんてないです。

最後に、前日にはきちんと寝ましょう。
意外に体力も消費します。

結婚式+披露宴をするにあたり、最低限必要な小物は、
・指輪
・ウェルカムボード
・招待状(+返送ハガキ)
・席次表
・席札
ぐらいですかね。

指輪については、欲しいイメージがあったので、かなり余裕を持って決められたのですが、
その他は日程カオス化の一因となってしまいました。

最近流行りはじめたレストランウェディングは、
ホテルや式場と違ってオールインワンではないため、アイテム手作りへの障壁は比較的低いようです。
そういう事情もあり、最近は手作りウェディングが流行っているようですが、
やるなら覚悟を持ってください。
こいつら死ぬほど時間かかるから。

しかも、ペーパーアイテム類は招待客が確定しないと作りはじめられないという性質のものなので、非常に危険です。
(締切日当日)

親戚「予定が入って出れなくなった」
とかいう革命が余裕で起きるのが結婚式です。

そして幾多の苦難を乗り越えた後、
席次表出来た! これで勝つる!
→親戚「出れないと言ったが、あれは嘘だ。参加で宜しく」
→qあwせdrftgyふじこlp;
このように、殺意の波動に目覚めてしまう例も多々ありますので要注意です。

一人増減すると、そのインパクトは1テーブルに留まりません。
人数制限の関係で、他のテーブルまでもが飲み込まれます。
セカンドインパクトが起こるとロンギヌスの槍が周回軌道に投げ入れられたり、その後でやっぱり回収されたりして、月が大迷惑を被るようなものです。しかも地球から謎の月がもう一つ出てくるし。
いろいろなテーブルがぐちゃぐちゃになって、もうなんか人類補完計画。

しかし、意外なダークホースは席札です。
これも最近の流行で、席札にその人へ宛てたメッセージを手書きするというものがあります。
メッセージを書かれたほうは嬉しいもので、少しの努力で感動を起こすことが出来ます。

うん。全然少しの努力じゃないね。
仮に、一人へのメッセージを10分で書いたとして、
招待客が50人いたら500分。
完全に一日仕事だ。

そう。結婚式の全ての負担は、この「招待客がいっぱいいること」に端を発しているのです。
一人あたりは小さくても、知らない間に積み重なって大変なことになる。
時間でもお金でも、一人分の負担を提示されたらまずは参加人数を掛ける思考を持っておきましょう。
それが、負担に対する正確な感覚を保ってくれるから。

逆説的に言えば、
想像に反してウェルカムボードは一番楽です。
工作をやってる感覚で、一瞬で終わる。
一枚しか作らなくていいからな!


ペーパーアイテムを作る業者もいますが、彼らの値段は高いです。
なんで印刷にこんなかかるんだ、と思っていましたが、今では納得。
時間を金で買うという意味では、やっぱりこの業界はよく出来てるなと思いました。

やっぱり手作りした方が気を配れて良いのだけれど。

最近は色々なことが同時に進み過ぎていて、自分がどこに軸足を置くべきかよく分からなくなっています。
今いちばん優先順位の低いことは何だ。仕事か。
そうだな。間違いなく仕事だ。

すごくどうでも良い情報なのですが、今週の土曜に結婚式やるんですよ。
自分の結婚式。
はい。祝電送ってくれてもいいですけど。

それはそれとして、噂には聞いていたけれど、結婚式の準備って本当に色々ありますね。
色々大変なポイントがある。
その経験が後になって誰かの糧になるかもしれないので、その辺りのことをしばらく書かせてください。



【1】式までの準備の話

結婚式をやる場所は、大きく分けて3種類あります。
選ぶ人が多い順に、
・ホテル
・結婚式場
・レストラン

です。もちろんそれぞれに長所や短所があるのですが、我々はレストランを選びました。
オテル・ドゥ・ミクニというレストランです。そこの料理が好きだったからね。
来る人に美味しい料理を食べてもらえればそれで良かったのさ。
このレストランの長所及び短所は、
(長所)
・料理は圧倒的に美味しい。
・一軒家風なので、細かい飾り付けに関して自由度が高い。
・プロデュース会社の人がとても有能

(短所)
・人前式以外の式をやる場合には、他に挙式の会場を探す必要がある
→車で15分くらいの場所にある教会(オルバン教会)を選びました。
・場所が駅から遠い(挙式会場が別なので、あまり問題にはなりませんが)
・プロデュース会社の人は基本的に披露宴のことだけをやるので、他は自分たちで手配しなければならない

この3つ目がとんでもない分量です。
プロデュース会社の人に急かされる前に自分たちで動かないと、とんでもないことになります。


我々の10/18のメニューは、
11:30 オルバン教会で結婚式
13:30 オテル・ドゥ・ミクニで披露宴
18:00 京橋のロジェという店で2次会
です。
これだけ見るとシンプルですが、そこに至るまでに打ち合わせた業者の数は計り知れません。ざざっと挙げると、

・指輪の業者(ケイ・ウノ
・オルバン教会で勉強会: 全3回
・オルバン教会に飾る花の業者と接触(メールのみ)
・教会 → ミクニのタクシー手配
・前撮り写真の業者(ラヴィ・ファクトリー
・プロフィールムービーの業者(HAPPYMOVIES
・ウェディングドレスの試着(色々な会社。東京各地で、全8回?)
・披露宴プロデュース会社(アディック
・披露宴会場の花の業者(名前忘れた)
・披露宴の司会
・披露宴音響会社
・披露宴で使用する手作りプレゼント作製
・2次会会場の下見
・2次会業者(名前はどうでも良い)との打ち合わせ
さらに細かいところで、
・披露宴のプチギフト
・2次会のプチギフト
・2次会のゲーム用景品

このあたりをひたすら先延ばしにしていたため、
9月はずっと、
昼: 教会で勉強会
午後: 披露宴プロデュース会社と打ち合わせ
夕方以降: 2次会打ち合わせ

のようなカオスなスケジュールでした。
これを避けて、もっと整然とした進行にするためには、
今から考えると、ゼクシィネットの「ダンドリチェック」という機能はかなり有能です。
我々は途中で訳が分からなくなって、使わなくなってしまったけれど。
とにかく、出来ることを出来るうちにやっておくことが重要です。

で、これをやりながら、
手作りアイテムの作成も入って来ます。
・式の台本(式次第)
・席札
・席次表
・ウェルカムボード

席札は豆本にして、メッセージも書き込む形にしたため、
現時点でまだ完成していないというカオス加減。
早く完成させないと当日を迎えられません。


教訓。
まず、外部業者(前撮りとかプロフィールムービーとか、ウェルカムボードとか)とのコンタクトだけでも早めにやっておきましょう。
出来るときにやっておかないと、直前のカオスさがマシマシになります。

↑このページのトップヘ