VIPでテキストサイト 共通テーマ「芝生」

隣の芝は青く見える、という言葉があります。
自分も隣も同じ芝であるのに、隣のほうが良い芝を所有しているかに見える。
すなわち、他人のものはよく見える、と言った意味です。

百聞は一見に如かず。
つまり、こういうことです。
 
mucc
ムックがガチャピンを見るとき、
彼は底知れぬ青さを感じてしまう。

そう。
「隣の芝は青く見える」
この格言は、ムック視点の言葉だったのです。

では、逆はどうか。
ガチャピンがムックを見るとき、ムックは青く見えるのか。

image

本当にこんなふうに見えるのか。


答えはNoだ。そんなわけないだろ。
理由は色々ある。
例えば。
ムックは他人の良い面ばかりを見つけてしまう心優しい奴だけれど、
ガチャピンは虚栄心の塊だから、他人の芝生も青く見えないのだ。

もしくは、このような理由もある。

赤方偏移という現象がある。
高速で地球に近づいている星は夜空で青く見えるし、
高速で地球から遠ざかっている星は赤く見える。
ドップラー効果で光のスペクトルが別の色側へ遷移するのだ。

つまり。
ガチャピンは高速で人に近づいているから青く見える。
これは、ガチャピンが誰かれ構わず近付き、人の心のスキマを狙う詐欺師みたいな奴だからだと言える。
誰もが、近づいてくるガチャピンに騙されているのだ。

それに対してムックはどうだ。
高速で人から遠ざかっていく孤高の存在。天のみを目指し進み続ける覇王。地に膝はつかぬのだ。
色々な言い方が出来るけれども、簡単に言えば、最終解脱を行い、物凄いスピードで俗世から離れていく「目覚めた人」なのだ。今現在、神に最も近い存在であると言えよう。

ガチャピンに対してムックは人気が無い。
世間の人はそう言うけれども、実際は違う。
ムックの方から離れているのだ。もはや誰もムックには近づけない。

しかし、俗世間の人間たちにはそれが理解できない。
極めて遺憾ですぞ。
人々はムックという存在の遠さ、神々しさをもっと理解し、全力を持って敬うべきなのですぞ。


今日の曲 - MUCC「故に、摩天楼