issai2

熊本の地震やら常総市の大洪水やら東日本大震災やら、日本は色々大変です。
のみならずイギリスEU脱退騒動やらパナマ文書問題やらで、世界全体がもうぐちゃぐちゃです。

東日本大震災の時には、ちょっと灯りを明るくしていただけで怒られるという風潮がありました。
いいものを食べると叩かれるとか。
国民全体で喪に服さなければいけなかったんですね。
ちなみに、私の2011年3月12日の昼ご飯は、3000円で買って来たフルーツゼリーでした。
おいしかった。
近所の店にそれ以外の食料が全く無かったのだ。 
すごいよ、コンビニにいつまでも置いてあった「せんべいギフトセット」とか「最中詰め合わせ」さえ売り切れていたのだ。
そしてそれは3日間くらい続いた。

近いうちに、南海トラフみたいな巨大地震がやってくると言われています。
その時には再び似たようなことが起こると予想されますよね。
ぜいたくは敵だ。
でも、人には様々な事情がある。どうやって難局を乗り切るのか、考えなくてはいけません。


issai3

基本的に、大震災が起きた場合には一汁一菜を基本とした質素な食事にする必要があります。
このルールを破ると、twitterで叩かれてしまいます。
なので、一汁一菜の中で最大限の工夫をする必要があります。

一汁一菜とはこういうものです。
issai1

ごはん、みそ汁、香の物、おかず一品。
この構成要素で出来ているものを一汁一菜と呼ぶわけです。

すなわち、おかずが何であるかについては言及されていない。
ここに攻略の鍵があります。

たとえば、こういう一汁一菜もありえるわけだ。

issai4
【ごはん、スープ、香の物、とんかつ】

issai6
【ごはん、お吸い物、香の物、香の物、香の物、うなぎ】

issai5
【ごはん、香の物、ささやかな盛り合わせ】

最後のやつなんて、0汁一菜だ。
質素にも程がある。

しかし。
このようにして努力しているも関わらず、文句ばかりを付けてくる人も世の中には数多い。
wikipediaにはこう書いてある
「むかしは『おかず無し、』つまりご飯、汁、漬物というのが日常の生活スタイルであった」
これを根拠に一汁0菜を強要してくる勢力もきっと居るに違いない。
そんな人たちにも胸を張ってドヤァと言えるような、そんな質素な食事を行う必要があります。

こんなのはどうでしょうか。

issai8

【香りを効かせたごはん、野菜を中心としたスープ】

香の物すら無くなってしまった。なんと質素な食事。
あまりにも質素すぎるので、ご飯に香りを効かせることで食べた感を演出しているんです。
なんと涙ぐましい努力だ。


issai9
【やさいスープ、香の物、ごはん、ごはん】
二郎という店で提供されている一汁0菜。
ビタミンたっぷりの健康食です。


やはり一汁0菜は身体に良さそう。これには議論の余地がありませんね。
しかし、そこに目をつけて文句を言ってくる人もいるでしょう。
もっと質素になれと。
少しくらい不健康にならないと地獄に落とすわよ、と。

そこで登場してくる最終概念が0汁0菜です。
もはやごはんと香の物だけしか使えない。
大地震が起きたら、この状況で生き延びないとダメなんです。twitterで叩かれてしまうんです。
どんなメニューが考えられるだろう。


issai10
【香の物 on ごはん】
真ん中に乗ってるやつが酸っぱい香の物です。
ごはんも多分少ないです。だって見えてないし。
はだしのゲンでさえ、ごはんで箸が立つ雑炊を食べていたのに。
それ以下か。


issai11
【ごはん】
香の物さえ消えました。
栄養は大丈夫なのか。
こんな食事が続いたら栄養が偏ってすぐに死にそうです。


issai12
【香の物】
ある種類の漬物をお湯で溶かしたものです。
もはや炭水化物の姿が見えません。


地震は怖いものです。こんな食事しか許されなくなるなんて。
やはり、乗り切ると言っても限度がありますね。
地震は怖いです。
でも、本当に怖いのは人間の心なんですね……
(以下、世にも奇妙な物語のBGM)



今日の曲 - AKB48「風は吹いている

前回の記事で、新たな水素の可能性として、水素スプレーを提唱しました。
しかし、よく考えてみたらそれでは不十分です。
依然として我々は酸素に囲まれて生きている。

完全に水素以外の物から離れたい。活性酸素の脅威から逃れたい。
そんな思いを持って調べていると、恐ろしいものを発見してしまいました。

hydro8
酸素カプセル。
そう。高圧の酸素をかけることで健康になろう! という、世にも恐ろしい疑似科学です。
これに入ることで、我々は凄まじい量の活性酸素に曝されることになるのです。
気圧2倍でガンの可能性が倍。
酸素圧2倍でさらに倍。
いつもの3倍の回転をかければさらに3倍だーっ!!

誰だよ酸素カプセルで健康になるなんて適当なことを言った奴は。

いや、そもそも我々はもっと前から気付くべきだったんだ。
先ほどの写真をよく見てほしい。
高気圧酸素カプセルで体の中から活性化。

体の中を活性化。

カラダが活性酸素になる!

なんということでしょう。
酸素カプセルの提唱者は、ただ我々を危険に曝していたわけではなかった。
活性酸素の危険性に気づき、かつメッセージを読み解くことが出来た智者は、活性酸素の魔の手から逃れることが出来たのです。
ガンやお肌のパサつきやお腹周りの脂肪から逃れることが出来たのです。

酸素カプセルに乗った者は死ぬのです。
ガンやお肌のパサつきやお腹周りの脂肪で死ぬのです。
智者とそれ以外を選別するためのカプセル。
それはさながら、現代に蘇ったノアの方舟と言っても過言ではありません。

酸素カプセルは素晴らしい発明でした。

しかしどうでしょう。
この酸素を水素に変えてみては。
もっと素晴らしいものになると思いませんか?

活性酸素は怖いので、水素を100%にして加圧。
水素水の水素濃度が0.00016%だったので、6,000,000倍の健康効果が得られるでしょう。
さらに気圧を2倍にして効果2倍。
hydro9

こんなことを言っている人もいるので、回転を3倍。
合計すれば、いつもの水素水の36,000,000倍の効果が得られるに違いありません。
早く特許取らないと。

ただ、残念なことに、水素には副作用があります。
冷却効果です。
水素をいっぱい流すと、それだけで気温は下がります。
多分水素100%のカプセルの中は凄まじく寒くなるので、石油ストーブでも入れて暖めましょう。
その辺りは抜かりないです。

それでは皆様、
暖かく快適な水素カプセルの中で、健康になってしまいましょう。

hydro10



今日の曲 - m.c.A・T「Bomb A Head!
 

最近、「水素水」ってやつが流行しているようです。
私はあまりテレビを見ないのでよく分かりません。なので、調べてみました。

「ヘルスケア大学」という大学が水素水について研究結果を書いていました
水素水は、有害な活性酸素を体内から除去してくれるようです。

別の情報ソースによると、人間の病気の90%は活性酸素が原因であるとのこと。
吸った酸素の2%くらいは活性酸素になるので、もはや、我々は病原菌に囲まれながら生活していると言っても過言ではないのかもしれません。

水素をたくさん摂取すれば酸素が排出されるのは当然のこと。
なるほど確かに効果がありそうな水素水。これは様々な形で商品化されています。

hydro1
ペットボトル。


hydro2
飲みやすそうな形。

hydro3
作り放題。


しかし。しかしだ。
先ほどのヘルスケア大学によると、最高純度の水素水でも、水素濃度は0.000016%とのこと。
マジか。

人間が一日に吸う酸素の量は3000リットルと言います。
この2%が活性酸素であるならば、一日に吸う活性酸素は60リットル。
これをH2Oとして出すためには120リットルの水素が必要なので、

全てを無害化するには一日当たり750,000,000リットルの水素水が必要になります。
これは、東北地方で一日に使われる水の量とほぼ同じです。

健康になるには水をたくさん飲まなければいけない。
人間にとって水がどれだけ重要なのか分かるデータですね。


しかし、そんなに水ばっかり飲めるだろうかという疑問もあります。
7億リットルも飲んでいたら、お腹がいっぱいで夕飯とか食べれなくなっちゃうと思うんです。
そこで、もっと効率的な水素の取り方を考える必要があります。

例えばこれ。

hydro4
頭が酸素になる。カゲキで最高
確かに、頭の2%が活性酸素になると考えると、極めてカゲキであると言わざるを得ませんね。

酸素スプレーというものが世の中にはあります。
スポーツで酸素が極端に不足したときに、緊急避難的に吸うものですが、
先ほどの話からするとこれは極めてまずい。
自分から病原菌を吸っているようなものです。

そこで、私は水素スプレーというものを提唱するのです。
0.000016%しか水素が入っていない水素水とは、そもそも濃度が違う。
吸えば100%水素だ。
先ほどの例でいえば、頭が水素になってしまうのです。
つまり、あのヒーローと同様の人助けができるのです。

hydro7
僕の水素生成装置を契約して健康になってよ!


あれ何か違う。
こっちだ。
hydro6
僕の水素をお食べよ!
活性酸素が還元されて病気は治るし、お肌はつるつるになるし、髪はつやつやになるし、モテモテになって万馬券が当たって札束風呂だ!


あれ、さっきの奴とあんまり違わなかった。



今日の曲 - T.M.Revolution「HIGH PRESSURE

↑このページのトップヘ