外国の食べ物って、なんか強そうなのが多いじゃないですか。

例えばドイツ。まぁここが一番ですね。
ザワークラウトなんて皇帝の風格を漂わせてるし、
シュヴァイネハクセなんて、付け合せのクヌーデルと合わせて、なんか悪の科学者と愛用のロボットみたいだ。キテレツとコロ助の上位互換。
冷静に考えてみると、バームクーヘンですら強そう。

ロシアなんかもいい線行ってます。
ビーフストロガノフは定番だけど、ザワークラウトの片腕になれるくらいの逸材。
サラートオリヴィエも白魔法の使い手っぽい。
対して、クヴァシェンナヤ・カプースタは悪の黒魔法使いっぽい。

イタリアはパスタが強そう。
マッケローネとリガトーニは、言うなれば阿と吽みたいな役割か。
パッパルデッレは、最上位ではないにしても使い勝手の良い魔法。
パスタ・ミスタは、強そうには見えないけれど、本気を出すと実は伝説の先代勇者だったり。

アメリカは、
なんかよく分からないけど、
エクストラホット・クアドラブル・ヴェンティ・エキストラホイップ・エキストラキャラメルソース・キャラメルマキアートとか凄そう。
主にカロリーが。

中国は、
太平燕なんてきっと仙人の一人で、空とか余裕で飛べる。
干烧虾仁(←エビチリ)とか強そう。明らかに武術を極めてる。
三鮮餛飥は、三つ集めると世界征服が出来そう。
小笼包……それはメラゾーマではない、メラだ……
□□□□(文字化け)とか、□□□(文字化け)とか、□□□□(文字化け)なんてもう明らかに□□(文字化け)だよね。

もはや中国は別次元ですね。
我々の次元では観測さえできません。


それに対して、日本は……

・肉じゃが←あったかそう
・きんぴらごぼう←綺麗そう
・おにぎり←簡単そう
・すき家←怖そう。バイトしたくない。

対抗できそうなのがすき家しかないという事実。
次回は、日本の強そうな食べ物を探りたいと思います。
続く。

「○○の○○」
というフレーズをローマ字にするだけで、なんとなくアーティストっぽくなるの法則。

DAICHI NO IKARI
titan


とか。
なんかDJできそうな奴いるし。

SASAKI NOZOMI
なんかも一瞬それっぽい。

でも多分、一番アーティスト的になるのは、
INARI NO TATARI
だと思うんです。



じいちゃん! KOKKURIさんやってたらKOKKURIさんが帰ってくれないんだ!
みんな死んじゃったんだ!
これって、KOKKURI NO IKARIなの!?

それはINARI NO TATARIじゃ。
多分手順を間違ったんだ、KYOUGI NO CHIGAIでINARIが怒ったんじゃ。
呪いをとくためには、INARI NO DAISUKIなものをあげる必要がある。
そうすれば、YAGIRI NO WATASHIを渡って帰ってくれるに違いない。

そうか分かったよじいちゃん!
KOKKURIさんKOKKURIさん、どうせあなたの好きなものはSASAKI NOZOMIなんだろ知ってるんだよ、
俺のSYASHIN NO FOLDERが火を噴くから早く持ってってくれよ。


違うぞゆうちゃん、よく見てみろ!
KOKKURISAN NO KISEKIを!

何……だと……

S A S A K I   K A Z U H I R O

それ、HAMA NO DAIMAJINじゃねーか!
俺は広島ファンなんだよ!
マエケンの写真しかねーよ!

だめじゃ……SEKAI NO OWARIじゃ……

大丈夫だじいちゃん! KOWAI MONO NANTENAIよ!
僕らはもう一人じゃない!

(TOTSUZEN NO UCHIKIRI)



(意味不明な人向け: https://www.youtube.com/watch?v=Mi9uNu35Gmk

↑このページのトップヘ